by user | 1:18 PM

エアドゥの航空券情報

エアドゥ飛行機の予約をした後は、自動チェックイン機を使うことで、航空券を受け取ることができます。自動チェックイン機を使うときには、「クレジットカード」や「確認番号&予約番号」が必要になってきますので、当日空港に持って行くようにしましょう。万が一、クレジットカードなどを忘れて自動チェックイン機を使えない場合でも、カウンターで搭乗券を受け取ることができるので、ご安心ください。カウンターで搭乗券を受け取る場合には、身分証明証などが必要になります。また、繁栄期は混雑が予想されますので、できるだけ余裕を持って行動をするといいでしょう。
自動チェックイン機、カウンターでの手続きともに、フライト時刻の20分前までに行わなければいけません。出発時間を把握して、時間内に手続きを行いましょう。

エアドゥ予約後の搭乗券の受け取り方法では自動チェックイン機の利用が便利ですが、スキップサービスを行うことで、より効率的に搭乗手続きを済ませることができます。
スキップサービスとは、事前に専用バーコードを取得しておき、当日空港でバーコードを読みとることで、搭乗ができてしまう機能です。
オンライン予約やコンビ二予約を行った後、エアドゥのホームページの予約確認画面から、バーコードを取得することができます。スマートフォンから取得できるので、当日スマートフォンを持っていれば、バーコードを読みとることができます。スマートフォンが壊れたときなどのことも考えて、バーコードを印刷しておくのもいいでしょう。
当日はバーコードをスキャンするだけですので、ほとんど時間を使わずに、搭乗手続きを済ませることができます。
空港内でお土産を買ったり、ショッピングをしたりしていると、何かと時間を使ってしまうものです。そんなときに、スキップサービスを使えば、ギリギリまで自分の時間を楽しめるのではないでしょうか。

エアドゥは、北海道札幌市(新千歳空港)を拠点とする、格安航空会社です。エアドゥの航空券はスカイチケットで予約が可能で、東京(羽田空港)へのフライトを中心に、名古屋(中部国際空港セントレア)、関西(神戸空港)などへ運航しています。また、広島、岡山、仙台へも飛行機を飛ばしており、ビジネスのみならず、多くの観光客の足として活躍しています。
ユニークな割引制度もあり、とても信頼のできる航空会社です。ぜひ、北海道へ用事のある方、北海道から飛行機に乗る予定のある方は、エアドゥの利用を考えて欲しいものです。

  READ ARTICLE
7 words ()
by user | 9:08 PM

エアドゥ 搭乗手続きを省ける!? スキップサービスの活用

エアドゥ航空券を予約した後、当日の手続き方法としておススメしたい方法が、『スキップサービス』という方法です。
エアドゥ航空券を予約すると、予約ごとにバーコードを発行することができます。このバーコードを搭乗当日に読みとることで、フライトの手続きを終わらせてしまうことができるサービスが、スキップサービスです。
つまり、事前発行したバーコードを、当日スキャンするだけで、飛行機に乗ることができるのです。

オンライン予約やコンビ二予約をした場合は、スマートフォンにバーコードを表示させるほか、バーコードが載っている紙を印刷することもできます。バーコードが載っている紙を印刷しておき、当日空港に持っていく方法がお勧めですよ。以前、スマートフォンに表示されたバーコードで手続きを行おうとしたら、スマートフォンの電池残量がギリギリで、とても焦った記憶があります。いくらスマートフォンのバーコードを使うにしても、スマートフォンが故障していては意味がありません。万が一の保険という意味合いも兼ねて、バーコードが載っている紙も持参しておいたほうがいいでしょう。

ちなみに、スマートフォンにバーコードを表示させる方法は簡単で、ホームページの予約画面右上『チケット控え』をクリックし、『バーコードを表示』をクリックした後、画面の指示に従うことで、表示をさせることができます。
旅行会社などを介して、エアドゥ航空券を予約した場合には、予約控えを受け取ります。その予約控えにもバーコードが表示されているので、スキップサービスを利用することができます。

スキップサービスを使えば、当日はとても簡単に搭乗手続きを済ませることができます。事前にバーコードを取得しておき、当日はそのバーコードをスキャンするだけですので、事実上搭乗手続きを省けることになります。
忙しくて、出発ギリギリまで空港に着けないという場合もあります。空港内では、お土産(みやげ)選びやショッピングなど、楽しめるスポットがたくさんあります。

スキップサービスを活用すれば、当日も無駄な時間を使うことなく、とても効率的に行動をすることができますよ。
事前にバーコードを取得しておくだけで、スキップサービスを利用することができますので、ぜひスキップサービスを使って、フライト当日も有意義な時間を過ごしてください。

  READ ARTICLE
0 words ()
by user | 9:08 PM

エアドゥ航空券 予約後の受け取り方法

エアドゥ航空券を事前予約した後、航空券の受け取りは空港内の自動チェックイン機で行います。使用方法はとても簡単で、画面の指示に従いながら操作をすることで、航空券を受け取ることができます。
自動チェックイン機を使うには、「クレジットカード」か「確認番号&予約番号」か「eチケット予約控え(旅行会社を介して予約をした場合などに発行される)」が必要になります。
事前予約を照明するために必要になってくるので、忘れないようにしましょう。とは言え、仮に忘れてしまった場合でも、カウンターによる搭乗手続きを行うことで、航空券を発行することができますので安心です。カウンター手続きの場合は身分証明証が必要になります。
ちなみに、自動チェックイン機による航空券の受け取りは、フライトの20分前までに行わなければいけません。ギリギリになり過ぎないように、余裕を持って行動をしたいものです。

基本的には、自動チェックイン機による航空券の受け取りが可能です。しかし、場合によっては、自動チェックイン機による航空券の受け取りができず、カウンターで受け取らなければいけない場合もあるので注意が必要です。
65歳以上の方向けの割引制度を受ける場合で年齢照明が必要な場合などは、航空券をカウンターでしか受け取ることができません。
カウンターでの受け取りも、フライト20分前までに行う必要があるので、注意しておきましょう。以前、別の格安航空会社を利用するときに、カウンターで搭乗手続きを済まそうとしていました。帰省時期と重なってしまったためかとても混雑しており、予想以上に時間がかかった覚えがあります。混雑が予想される時期にカウンターを利用する場合は、特に余裕を持って行動したいものです。

自動チェックイン機の使い方はとても簡単で、座席を選択することもできます。トイレの近くなど、座席位置に希望がある場合は、少し早く手続きを済ませておくと、希望の席に座れるかもしれませんよ。
また、自動チェックイン機での航空券受け取りの他に、スキップサービスをいうものがあります。スキップサービスとは、事前にバーコードを取得しておいて、そのバーコードを当日空港でスキャンすることで、航空券を受け取らずに搭乗できてしまうというサービスです。オンライン予約やコンビ二予約をしていれば簡単にバーコードを取得することができ、当日はとても効率的にフライトすることができますので、大変便利です。

  READ ARTICLE
1 words ()
by user | 9:07 PM

エアドゥの割引制度

エアドゥの早割制度(AIRDOスペシャル)を活用すれば、より格安価格で、飛行機に搭乗することができます。一番お得な早割制度が、AIRDOスペシャル75で、75日以上前に予約をすることで、サービスを適用することができます。札幌(新千歳空港)から東京(羽田空港)まで、AIRDOスペシャル75を利用してフライトすると、安い場合には片道7,000円程度でフライトできてしまうので驚きです。AIRDOスペシャル75のほかに、55・45・28・21があり、それぞれ55日前・45日前・28日前・21日前に予約をすることで、早割制度を受けることができます。

予定が早く決まった場合、ぜひAIRDOスペシャルを活用して、早割価格で飛行機を利用しませんか。AIRDOスペシャルは、とても人気であるため、すぐに売切れてしまいます。しかし、ホームページで空席を確認できるので、一度確認をしてみるといいでしょう。ちなみに、予約をキャンセルする場合は、普通運賃以上の割合を支払わなければいけないので、注意が必要です。

エアドゥは、フライト直前でも割制度を受けることができます。DOバリュー3・DOバリュー1とがあり、それぞれ3日前・1日前までに予約をすることで、割引を受けることができます。AIRDOスペシャルほどの割引率はありませんが、普通運賃よりは安くなるので、空きがある場合は利用するといいでしょう。

特に、直前まで有効な割引制度であるため、キャンセルなどによって空席が生じることが大いにあります。AIRDOスペシャルで空席がなかった場合でも、DOバリューでは空席が生じる場合があります。色々な割引制度があるので、少しでも安くフライトができるよう、きちんと割引制度を把握しておきたいものです。

他にも、エアドゥはユニークな割引制度を実施しています。道民割引は特に人気で、北海道に住んでいる方などを限定にした割引制度です。北海道に住んでいるだけで、23%もの割引を受けられるのですから驚きです。
当日シニア65という制度は、65歳以上の人が当日航空券を購入する場合に利用できる制度です。当日シニア65を利用すれば、どの路線を利用しても、片道12,800円でフライトすることができます(繁栄期などを除く)。どこへ行っても、同じ価格でいけてしまうのです。旅行好きな高齢者などからは、かなりの好評を得ています。

  READ ARTICLE
11 words ()
by user | 9:07 PM

札幌発 エアドゥで行ける都市

エアドゥの主要拠点は、北海道札幌市(新千歳空港)にあります。札幌からは、毎日たくさんの飛行機が、日本各都市へ搭乗しています。

そんなエアドゥの格安飛行機。特に東京(羽田空港)へのフライト量はとても多く、毎日活発に飛行機が飛び立っています。
約1時間に1本の感覚でフライトしており、道民の足として役立っています。北海道から東京までの格安飛行機が、1時間の頻度でフライトしているのですから、とても便利なものです。北海道から東京へ行く機会は、意外と多いものです。仕事の出張で東京まで頻繁に行く人も多々いますし、就職活動のために東京へ行く場合もあるものです。また、東京都内ではたくさんの北海道出身者が生活しており、帰省の交通手段としても役立っています。
そんな札幌から東京までの空路を、エアドゥは頻繁に結んでおり、多くの北海道出身者の役に立っているということです。

もちろん、エアドゥの飛行機は、関西方面へも毎日フライトしています。日本第二の主要都市。とても多くの利用客がいます。大阪府内には乗り入れていませんが、神戸空港を拠点として、1日2本程度が毎日運航しており、関西圏への交通手段として役立っています。
また、名古屋方面(中部国際空港セントレア)へのフライトもあり、1日3本程度が運航されています。意外と、名古屋方面へ利用する客も多いものです。顧客ニーズに合わせて、的確に運航をしている点が素晴らしいですね。東京を中心に、関西、東海圏へもフライトさせているエアドゥ。北海道発の大都市行きの飛行機として、今後も愛されていくのではないでしょうか。

さらに、関東、関西、東海のほかに、東北や中国地方へも、エアドゥ飛行機は運航しています。仙台(仙台空港)、岡山(岡山空港)、広島(広島空港)へフライトしており、三大都市圏には劣りますが、出張などの足として、北海道民の役に立っています。

エアドゥを利用する多くの客は、ビジネス目的で利用をしています。特に、東京への利用客はとても多く、平日にはたくさんのサラリーマンで賑わっている印象です。しかし、最近では旅行客の利用も目立ってきており、特に休日や夏休み期間には、観光客の利用が多くなってきています。

ビジネスのみならず、観光客の移動手段としても人気のエアドゥ。さらに今後の活躍に期待です。

  READ ARTICLE
0 words ()